【昭和町】福岡県中間市のレトロスポットへ行ってみた。

レトロ探訪

福岡県中間市長津1丁目あたりにレトロな街並みが見られます。

今回はその様子を紹介していきたいと思います。

アーケード商店街があるわけではありませんが、

こちらの通りにはむかしながらの古い建物が軒を連ねています。

こちらは文具店。

こちらはスポーツ用品店。

看板の文字が「スホーツ」に。

電話番号の表示の桁が少ないのも時代を感じさせます。

こちらも何かの商店だったのでしょうね。

2階部分の壁面が錆び錆びになっています。

水色とピンク色の色褪せた外壁。

この質感も時代の流れを感じとることができます。

とにかくズラズラと古くからの商店が建ち並んでおり、まるでレトロなミュージアムのようです。

家具屋さんの大きな案内。

もはや芸術作品を展示してるかのようです。

レトロ好きにはそう見えます。

このようなレトロ看板もあります。

「お買い物は昭和町ぇ」看板

の「」がステキすぎる…。

昭和時代からほぼそのまま残っている建物やこちらのような看板などこれはもはや貴重ですね。

こちらは家具屋さん。

大川市の家具屋さんを思い出しました。

こちらは金物屋さんだった建物。

看板の色褪せ具合、外壁のトタン並板の錆び具合など古さを感じます。

このような劣化具合がいいです。

こちらは靴屋さんだったようです。

看板の欠落具合が時代を感じさせます。

美容室もやはり昔ながらで、くるパー看板
も見受けられます。

くるくる回って動いていないのは残念!

メインストリートの脇道には飲食店が建ち並ぶ通りもあります。

飲食店の看板も目を引きます。

古さが出てきているので、看板もレトロな展示物に見えてきます。

「スナック美豚」

美しい豚と書いてヴィトンと当てているのがオモシロイ。

こちらはパチンコ店だった建物。

パチンコの「チ」の文字が欠落してます。

これが「パ」だったら、また違う見えかたを味わえたのに。

惜しい…。

お店独特なパチンコのカラフルなポップ。

ナイスな波打ち具合。

実にいいフォントです。

扉の色づかいや床の模様、さらには丸い扉の持ち手など…

まさに 昭和 ですね。

作り込まれた丸に銀のオブジェ。

手作り感バリバリです。

インパクトありすぎですね。

…というそんな街並み、ここは昭和町。

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した画像を撮影したのはもう2017年くらいのものですので、現在はまた様子が変わっているかもですが、ひとつのレトロミュージアム状態でみどころ満載です。

ノスタルジーに浸れるのは間違いないので、現在どうなっているかを見つつブラブラ街並みを歩いてみてはいかがでしょうか。

レトロ好きならぜひとも一度いってみてください。

場所はこちら。

 

というところで、それでは。

 

この記事を書いた人
レトロ探訪者
ヒデ

レトロ探訪者ヒデと申します。福岡県出身で北部九州を中心にレトロスポットを探しては紹介してます。その他にもレトロゲームや古本、懐かしのお菓子など現代でも残りし貴重なモノも探しては紹介してます。

ヒデをフォローする
レトロ探訪
ヒデをフォローする
ヒデレトロ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました