【新栄町商店街】大牟田にあるレトロ商店街を探訪。

レトロ探訪

大牟田市の西鉄新栄町駅そばにレトロな商店街があります。

そこは【新栄町商店街】です。

▲西鉄新栄町駅の様子。

この駅そばにレトロスポットはあります。まずはこちらの商店街全体をいろいろと見ていきましょう。

新栄町商店街の様子

アーケードの一本道スタイルではなく、駅そばの一画全体が商店街というくくりですね。

▲通路には商店街らしい屋根完備で雨の日でも濡れることなくお買いものできます。

▲さまざまな通りがありますが、それぞれに名前がつけられています。

こちらは

ハロー通り

と呼ばれているらしい。

▲こちらでは

風のアベニュー

という通りの名称がつけられているようです。

他の商店街にはない特徴のひとつですね。

▲商店街全体を見てみるとやはりひとむかしの面影がただよっていてレトロ感をひしひしと感じますね。

▲こういった商店街の設備の錆び具合、古びた感じがたまらない!

レトロ好きならわかりますよね!

こういうのを見るだけでもなにかを感じ取れるはず!!

▲数多くのお店も開いており昔ながらの雰囲気がそのまま味わえます。

古きよき風景がここにはあります。

▲メインストリートからさらにいくつかのわき道があり、その奥も魅力的なレトロなお店が多数ならんでいます。

▲こちらも別の通り。

昔ながらの時計屋さんや洋品店などいろんなお店があり、見ごたえあります。

レトロポイントを紹介。

▲商店街をよく見ていくと昭和なモノが残っています。

階段のこの床材の模様、すばらしい!

さらには壁のレンガの色合い、この組み合わせ、最高ですね!

窓の茶色具合青色の壁のレンガ、さらにはギリシャ神殿のようなデザインの白い柱

この組み合わせも何かバブリー感漂う雰囲気でたまりませんね!

▲こちらのようにお店のシャッターもひとつのレトロチェックポイントですよね。

錆びてさらには塗装が剥がれてるこの劣化具合がナイス!

長年の歴史を感じますね。

▲かなり古びたジムの看板。

一部消えかかった部分とこの手書き感がまたいい。

▲こちらは廃業している眼鏡屋さん。

▲一部くずれ落ちた天井材、錆びたシャッター、看板などレトロ感満載です。

さかい

の看板は何かいい味でてます。

▲昔ながらの時計屋さん。

いかにもレトロな商店街にあるお店という感じですばらしいです。

▲こちらは婦人服屋さん。

路地裏も見てみると、いろいろと発見がありますよ。

シャッター通りは哀愁を感じてこれがまたよい。

▲ちょっと時代を感じられる看板。

バブリーな雰囲気

ただようレトロな看板です。

▲裏手の建物と建物との間のこの感じ。

どうです?

この廃墟感

レトロ好きならキュンキュンしますよね!

▲こちらもスゴい!

静寂の中この光景を眺めるといろんな感情がわいてきます…。

いかにここ新栄町商店街が古くからあるのかがわかるかと思います。

まとめ

といった感じでいろいろと紹介してみましたが、いかがでした?

大牟田市は福岡県の中でもレトロスポットがたくさん残っているところでレトロ好きなら間違いなく楽しめる街であると思います。

レトロに興味があるならかならず一度は訪問していただきたい!!

こちらの新栄町商店街の近くにはさらにディープなレトロスポット

新銀座商店街

がありますのでそちらもぜひ行って見てほしいです。

それでは、また。

この記事を書いた人
レトロ探訪者
ヒデ

レトロ探訪者ヒデと申します。福岡県出身で北部九州を中心にレトロスポットを探しては紹介してます。その他にもレトロゲームや古本、懐かしのお菓子など現代でも残りし貴重なモノも探しては紹介してます。

ヒデをフォローする
レトロ探訪
ヒデをフォローする
ヒデレトロ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました