【門司中央市場】貴重!!門司港そばにあるレトロスポット紹介。

レトロ探訪

こんにちは、ヒデです。

今回は福岡県北九州市にある門司港の周辺のレトロスポットのご紹介です。

門司港といえば、「門司港レトロ」ですよね。

全国的にもメジャーな観光スポットで、こちらも楽しいですが、このそばによりディープなレトロスポットがあります。

それが「門司中央市場」です。

門司中央市場とは?

門司中央市場は戦後から60年近く営業されている商店街で戦後の復興から今日まで生活を支えてきた場所なのでしょう。

それだけながい歴史があり、人の流れもたくさんあって様々な人生が凝縮されていたことと思います。

それに合わせて建物も老朽化がすすみ、味わいのある風情へとかわってきて現代にいたるという感じですね。

場所は福岡県北九州市門司区老松という住所で

門司港より徒歩で約10分ほどのところにあります。

それでは「門司中央市場」を見てみよう!

f:id:hideworks:20181023125247j:plain

たどりつくとこのような建物が。

まずは外観の様子からチェック。

赤色文字の看板やテントの色、形がいい味出してます。

縦に「中央市場」、すぐ下の「CHUO MARKET」の文字看板と

ブルーのラインが素敵です。

f:id:hideworks:20181027184125j:image

市場の入り口には手書きで「ありがとう設立60周年記念」とPOPが張られているのを見てもわかるように、こちらができてから今日まで60年近くもの長い間営業されているようです。

すごい!

まさに「昭和レトロ」ですね。

では、さっそく中へ入ってみましょう。

f:id:hideworks:20181027221957j:plain

入り口はいってすぐにこのような看板が。

「たばこ」や「天狗釣具店」のレトロなフォントがいいですね。

経年劣化による看板の割れ、文字のかすれ具合がレトロな雰囲気をだしています。

f:id:hideworks:20181027222021j:plain

f:id:hideworks:20181027222113j:plain

f:id:hideworks:20181027222112j:plain

一歩中に入ってみると、このような光景が。

見事なまでのシャッター状態。

まるで「女神転生」のような3Dダンジョンに似た通路です。

このとき私の脳内にはその

女神転生の音楽が流れていました~

ところどころ看板が設置されたまま残っていて、それぞれの場所にどんなお店があったのかがわかります。

f:id:hideworks:20181027222025j:plain

市場の通路を進んでいくとこのような写真が展示されています。

昭和30年ごろって書いてあります。

戦後間もない頃、街の復興で賑やかだったころなのでしょうね。

どれくらいの種類の物品が流通していたのでしょうか。

f:id:hideworks:20181027222042j:plain

「カレー&コーヒーショップ ひぐち」

喫茶店みたいなお店だったのでしょうね。

まだ営業してたときに一度入ってみたかった!!

その奥のお店も「ひぐち」さん。

同じ「ひぐち」さんがやってたのだろうか。

おまけ。~周辺をぶらついてみた~

f:id:hideworks:20181027222102j:plain

f:id:hideworks:20181027232804j:plain

シャッター市場を出て周辺をぶらり。

中央市場の外側。このような古い建物が軒を連ねています。

これらの建物の老朽具合を見ても、いかに年数経っているのかがわかります。

f:id:hideworks:20181027232554j:plain

う~ん、この美容室も古い。

色褪せ感が半端ないです。

f:id:hideworks:20181027232718j:plain

路地裏にスナック。

スナックの看板もなんか味があるんですよね~

デザインやネーミングだとか。

f:id:hideworks:20181027232709j:plain

f:id:hideworks:20181027232722j:plain

「門司中央市場」のすぐそばには

こちらのような公園があります。

「老松公園」というところです。

f:id:hideworks:20181027232719j:plain

一体なんの役目があるのか?

ものすごくサビサビです。

結構古そうですが・・・。

f:id:hideworks:20181027232724j:plain

f:id:hideworks:20181027232458j:plain

・・・???

とてもシュールで不思議な像があちこちあります。

何の意味があるのだろうか・・・。

まあ、

なにかしらの意味はあるのでしょうがね。

・・・といったところでいかがでしたでしょうか。

門司港レトロがにぎやかなそのすぐそばで静かに存在している商店街「門司中央市場」。

シャッターが目立つところですが、ところどころ若い方が新たにお店をされている店舗もちらほら見受けられて、今後もお店が増えていくのではと思います。

レトロ好きの私としては、今後もこの市場がなくなることなくつづいていってほしいと思いました。

できるだけそのままの姿で・・・。

ご興味のある方、この「門司中央市場」一度のぞいて見てくださいませ。

それでは、また。

どうもありがとうございました。

この記事を書いた人
レトロ探訪者
ヒデ

レトロ探訪者ヒデと申します。福岡県出身で北部九州を中心にレトロスポットを探しては紹介してます。その他にもレトロゲームや古本、懐かしのお菓子など現代でも残りし貴重なモノも探しては紹介してます。

ヒデをフォローする
レトロ探訪
ヒデをフォローする
ヒデレトロ

コメント

  1. […] […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました