【昭和の町】大分県豊後高田市にある昭和のテーマパーク。

レトロ探訪

こんばんは、ヒデです。

今回は大分県豊後高田市にある町おこしのため「レトロ」を売りにした町。

「豊後高田 昭和の町」

をご紹介したいと思います。

「豊後高田 昭和の町」の場所のご案内。

こちらは観光地として作られている町であるので、駐車場完備です。

この「昭和の町」はただの商店街でなく、豊後高田市の観光地としてその名の通り

「昭和」な演出を盛り込み整備された施設と言った方が正しいでしょう。

さっそく、「豊後高田昭和の町」を見ていきましょう。

f:id:hideworks:20181211223705j:plain

まずは入り口の様子。

町おこし的に観光地として作られた感のあるゲート。

比較的新しいのでこれを見るだけではレトロ感はなさそうですが・・・。

f:id:hideworks:20181211223712j:plain

ひとたびゲートを抜けると古い建物がズラリとならんています。

まずは大衆食堂です。

これはすごい。

f:id:hideworks:20181211223725j:plain

昔ながらの町の電気屋さん。

イイ感じです。

f:id:hideworks:20181211223731j:plain

こちらは眼鏡屋さん。

看板の劣化具合がいい味だしてます。

f:id:hideworks:20181211223738j:plain

こちらには様々なレトロな看板も飾ってあります。

これもひとつの演出でしょうが、なかなか見ることができない貴重なモノなので

これはこれでいいと思いますね。

f:id:hideworks:20181211223744j:plain

店先に出してある商品陳列用ワゴン。

よく見ると・・・

これもかなり古いプレートです。

「森永 ベルトラインストアー」

文字が逆読みになっているので

これは相当古い貴重なモノです。

f:id:hideworks:20181211223753j:plain

ここ「豊後高田昭和の町」ではいくつかの通りで構成されており、

その通りごとにネーミングも違っているようです。

ここからは新町通りとなっていますね。

f:id:hideworks:20181211223803j:plain

ガソリンスタンドを模した展示物か?

レトロな雰囲気は十分出ています。

f:id:hideworks:20181211223819j:plain

昭和レトロな空間、雰囲気が漂う通り。

レトロ好きにはたまりません。

3丁目の夕日的な昭和3、40年代の町並みがここにはあります。

f:id:hideworks:20181211223830j:plain

状態のいい「ファンタ」の看板。

あったとしても錆び錆びなものがほとんどですが、これは貴重ですね。

建物も古いものに統一されているのもグッドですし、

さらにこういったレトロな看板がまたレトロさを引き立てていますね。

f:id:hideworks:20181211223842j:plain

こちらは薬局。

こちらも木造の建物が素晴らしい!

f:id:hideworks:20181211223847j:plain

で、その薬局の壁にはりついている

「後藤散」の看板。

f:id:hideworks:20181211223856j:plain

「ミネシゲ着火レンタン」の看板。

イラストや色使いがかわいい。

f:id:hideworks:20181211223904j:plain

その他にも普通見られないいろんな

ホーロー看板が展示されています。

f:id:hideworks:20181211223911j:plain

何気ない温度計もまた何かレトロでいい味だしてますね。

ドリームスタンプ会ってのがよくわかりませんが…。

f:id:hideworks:20181211223918j:plain

こちらは精肉店

ここもまたいい雰囲気。

f:id:hideworks:20181211223927j:plain

こちらで売っていたビーフコロッケ」

f:id:hideworks:20181211223930j:plain

熱々でめちゃうまかった!!

…やっぱ肉屋さんで買うお総菜は基本ハズレなしですね。

これもレトロ探訪の楽しみのひとつですね。

f:id:hideworks:20181211223934j:plain

こちらは履物店。

さいころ行っていた駄菓子屋さんを思い出しました。

f:id:hideworks:20181211223943j:plain

こちらは電気屋さん

「日立テレビ キドカラー」の看板がいいですね。

f:id:hideworks:20181211224009j:plain

とにかく歴史ある貴重な建物がズラリと並んでます。

見ごたえ十分です。

f:id:hideworks:20181211224020j:plain

イイ感じのお茶屋さん。

f:id:hideworks:20181211224737j:plain

また違う通りに出てきました。

この奥は「中央通り」

とにかく広い!!

商店街をぶらぶらするだけで時間がどんどん過ぎていってしまいます。

f:id:hideworks:20181211224804j:plain

昔ながらのブティック。

「丸三」

ん~シンプル。

f:id:hideworks:20181211224819j:plain

呉服と寝具のお店のようです。

この通りもレトロな建物が軒を連ねています。

f:id:hideworks:20181211224907j:plain

どこを見ても「ザ・昭和」ですね。

ず~っと端から端まで昭和な世界が広がっています。

しっかり景観を作り上げていますね。

f:id:hideworks:20181211224919j:plain

f:id:hideworks:20181211224939j:plain

f:id:hideworks:20181211224952j:plain

「ハイアース」

「ライオン蚊取り線香

オロナミンC

ドドン!と有名なホーロー看板3連発。

どれも昭和を代表するレトロ看板ですね。

それにしてもどれも状態が良すぎる。

f:id:hideworks:20181211225009j:plain

こういった放置されている看板もさりげなくレトロです。

f:id:hideworks:20181211225022j:plain

からあげ専門店のようでしたが、残念ながらこの時は営業しておらず買うことができませんでした。

f:id:hideworks:20181211225029j:plain

「ナミヤ雑貨店」

とあるので、同名の映画で作られたセットのようですね。

たしか「ナミヤ雑貨店の奇跡」でしたかね。

確かに昭和時代の映画を撮るには申し分ない場所ですね。

f:id:hideworks:20181211225045j:plain

通りの裏手もノスタルジックな風景がつづいています。

f:id:hideworks:20181211225053j:plain

こちらは銭湯のようですね。

男湯と女湯の扉がまた古い。

f:id:hideworks:20181211225100j:plain

「新町ナイトセンター」

複数の飲み屋さんが入っている建物。

全面赤レンガの壁の建物がまたインパクトあります。

f:id:hideworks:20181211225116j:plain

商店街がただあるのではなく、このようなレトロな車の展示スペースもあります。

「昭和ロマン蔵」という展示スペースのなかの一部。

マジンガーZもまた昭和の演出のために飾られているようです。

f:id:hideworks:20181211225125j:plain

カワイイ!!

乗るならこんな車がいいです!

最新の技術で作ってくれないかな~

最近の車って魅力に欠けますもんね。

f:id:hideworks:20181211225130j:plain

f:id:hideworks:20181211225151j:plain

f:id:hideworks:20181211225210j:plain

f:id:hideworks:20181211225218j:plain

f:id:hideworks:20181211225225j:plain

f:id:hideworks:20181211225230j:plain

f:id:hideworks:20181211225233j:plain

f:id:hideworks:20181211225238j:plain

f:id:hideworks:20181211225243j:plain

クラシックな車と合わせていろんなレトロなホーロー看板も飾られています。

まとめ

・・・いかがでしたでしょうか?

昭和な雰囲気を出すために徹底した町づくり。

今回の訪問では主に商店街を写真におさめてあげてみましたが

これほんの一部にすぎません。

正直一回では全部見られないと思います。

そのくらいまだまだ見どころ満載です。

他にも駄菓子屋の博物館があったり、レトロなバスが走っていたりと

昭和レトロな演出が盛りだくさんです。

昭和30~40年代をコンセプトとして作られた

「豊後高田昭和の町」。

まさに昭和のテーマパークです。

昭和レトロに興味のある方、ぜひ行って見てください。

・・・というところで今回はここまで。

どうもありがとうございました。

この記事を書いた人
レトロ探訪者
ヒデ

レトロ探訪者ヒデと申します。福岡県出身で北部九州を中心にレトロスポットを探しては紹介してます。その他にもレトロゲームや古本、懐かしのお菓子など現代でも残りし貴重なモノも探しては紹介してます。

ヒデをフォローする
レトロ探訪
ヒデをフォローする
ヒデレトロ

コメント

  1. […] […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました