【旦過市場】昭和30年代のノスタルジーな空間が味わえる!北九州市レトロスポット。

レトロ探訪

どうも、レトロ探訪者ヒデです。

今回は「旦過市場」をご紹介したいと思います。

「旦過市場」とは?

福岡県北九州市小倉北区魚町にある昔ながらの市場で、200軒あまりのお店が軒を連ねており総菜、鮮魚、精肉、青果など主に食をメインとしたお店ばかりでここを

別名北九州の台所と呼ばれて親しまれています。

地元の方から観光客まで様々な買い物客が訪れて毎日にぎわっています。

・・・で、ここの何がすごいかというと

昭和30年代の建物 が今なお現存しているというところです!

様々なお店も気になりますが、このブログはあくまでレトロ好きのために

建物そのものや風景、その雰囲気をご紹介することをメインテーマとしておりますので、あしからず。

それでは、さっそくまいりましょう~

「旦過市場」を見てみよう!

f:id:hideworks:20181220101109j:plain

まずは、正面出入り口から。

出入り口自体は複数あり、ここがメインストリートに面した出入り口となります。

横にはスーパーの丸和があります。

この丸和、実は日本ではじめて24時間営業を導入したとか。

意外でした。

f:id:hideworks:20181220101119j:plain

こちらは別の出入り口。

個人的にはこちらの方が好きですね。

旦過市場の文字看板がイカしてます。

下のアルファベットの文字もいい味出しています。

さらにはこの老朽化具合がたまりません。

f:id:hideworks:20181220101140j:plain

この市場はアーケードになっており両脇にはところ狭しとお店がたくさん並んでいます。

いろんな総菜屋さんがあり、どれも美味しそうです。

他には精肉店、鮮魚店、青果店が多数並んでます。

いかにも市場らしいにぎわいです。

f:id:hideworks:20181220101147j:plain

こちらは佃煮を扱ってるお店。

お店のスタイルが昔ながらで素敵です。

ノスタルジーな気持ちがくすぐられますね。

f:id:hideworks:20181220101155j:plain

こちらの注目すべきは店の上に掲げられた木製の看板。

一枚板でしっかりと作り込まれたお店の看板はとても素晴らしく、貴重です。

一枚当りどれくらいの費用がかかったのでしょうか?

木製で一枚板なので相当額かかっているかと予想されますね。

f:id:hideworks:20181220101203j:plain

年季の入りまくった

「ハム・ソーセージ」の看板。

これを見るだけでも

「あー、長年やってきたんだなあ」と歴史を感じますね。

f:id:hideworks:20181220101215j:plain

ちょいと裏手の通り。

こんなところも昭和レトロな雰囲気が味わえます。

f:id:hideworks:20181220101222j:plain

お店の通路をあちこち見てみると古い建物なんだなと改めて実感しますし、とてつもなくレトロな雰囲気が漂っています。

f:id:hideworks:20181220101231j:plain

こちらは精肉店。

こちらの建物もなかなかのレトロさがありますね。

看板も経年劣化が進んでおり、それがまたいいレトロな雰囲気をだしてます。

f:id:hideworks:20181220101241j:plain

こちらは酒屋さん。

こちらも立派な作りの看板が掲げられています。

カッコイイ。

f:id:hideworks:20181220101249j:plain

どこのお店の看板もまさに

「昭和」ですね。

みどころ満載です。

f:id:hideworks:20181220101257j:plain

あちこちでレトロな看板、建物と旦過市場そのものが

ある意味レトロミュージアムと化していますよね。

どこもかしこも見どころ満載です。

f:id:hideworks:20181220101307j:plain

カラフルなデカい入り口の案内板。

ブタさんがかわいそうなことに…。

f:id:hideworks:20181220101324j:plain

市場の外側もぶらぶらしてみました。

外側もなかなかのレトロっぷりです。

f:id:hideworks:20181220101400j:plain

建ち並ぶシャッター街通り。

以前はこの通りもにぎわっていたんでしょうね~。

f:id:hideworks:20181220101410j:plain

市場に面する川沿いの風景。

建物の古さがすごい。

昭和30年代な空間がこの市場は周辺だけ残されています。

これはすごく貴重ですね。

再開発なんてもったいないっっ!

f:id:hideworks:20181220101423j:plain

最後にまた違う出入り口の様子。

まとめ

…いかがでしょうか?

「旦過市場の中、外側ともにいい感じの

昭和レトロ感、素晴らしすぎです!

今の時代これほどまで昭和な場所が残っていることろはなかなかないと思います。

ノスタルジーな場所をお探しの方、

SNSやってて「昭和レトロ」のフォトジェニックスポットをお探しの方、ぜひ一度行ってみてください。

見られるのも今のうちかもしれません。

場所のご案内。

近くにコインパーキングがあり。

電車なら「JR旦過駅で降りればすぐ。

・・・というところで今回はここまで。

どうもありがとうございました~

この記事を書いた人
レトロ探訪者
ヒデ

レトロ探訪者ヒデと申します。福岡県出身で北部九州を中心にレトロスポットを探しては紹介してます。その他にもレトロゲームや古本、懐かしのお菓子など現代でも残りし貴重なモノも探しては紹介してます。

ヒデをフォローする
レトロ探訪
ヒデをフォローする
ヒデレトロ

コメント

  1. […] […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました