【日本懐かしお菓子大全】昭和時代のお菓子を網羅!昭和生まれの人ならたまらない本

おすすめ本

レトロ好きにめざめて日々いろいろとレトロネタを探しているヒデです。

そんな中、こちらの本を見つけて思わず購入してしまいました。

その本のタイトルは

日本懐かしお菓子大全

という本です。

昭和時代に発売された数多くのお菓子たち。

そんなレトロなお菓子たちをまとめた百科的な本です。

今回はこの本について紹介していきたいと思います。

本の概要

この「日本懐かしお菓子大全」

日本懐かし大全シリーズ 

の中のひとつでして、著者は

松林千宏さんという方です。

この方はテレビチャンピオンで「お菓子通選手権」において3度も優勝するほどの経歴をもつ方で、ほかにも「マツコの知らない世界」でも出演されたそうです。

それだけお菓子に精通した、お菓子好きの方が書かれている本です。

内容はおもに昭和時代に発売された駄菓子をとりあつかっており、定番のお菓子の紹介から、現在は販売されていないお菓子の紹介、お菓子のジャンルごと(例えば、ポテトチップス、クッキー、チョコレート、キャンディ、ガムのような)を年代を追って紹介されています。

年代は1900年代から1980年代のあいだに発売されたお菓子を中心に掲載していますので、とくに昭和生まれの人が見ると…

「これ、懐かしいっ!!」

と思うお菓子が出てくるのでとてもなつかしい気持ちに浸れるのはまちがいなしです!

所感

私は昭和50年代うまれなのですが、

まさに昭和世代にとってはドンピシャな本ですね。

40~60代の人が見るのが一番楽しめるかなと思いますね~

個人的には今はなきお菓子の紹介のなかで「5/8 チップ」や「鈴木くん」、「佐藤くん」、「ハンコください」、「ドンパッチ」、「ビッグワンガム」などが掲載されていたのがよかったです。

とくにビッグワンガム、めちゃなつかしいです!

他にも忘れていたお菓子がいろいろと掲載されており、本当になつかしいものばかりで、ページをめくるごとにでてきてはなつかしさにヒタヒタになってしまいました。

年代によってなつかしいと感じるお菓子がちがうと思うのでそこもおもしろいところでしょうね。

あと、デパートなどにおいてあった

お菓子回転台が掲載されているのには

これぞ、大全!!

と思いましたね。

この回転台、「スイートプラザ」っていう名前だったということもはじめて知りました。

今もあるお菓子はどこで売ってる?

昭和時代から今もあるベストセラーお菓子。

現在もいろんなところで売られています。

例えばこちら。

クッピーラムネ

これは100円ショップで売られていました。

他にもスーパーやコンビニでも何かしらのレトロなお菓子を見つけることができます。

以前は近所のおばあちゃんが駄菓子屋さんをしているところがあちこちあったのでそこへ行けばたいていは選んで買えたものでした。

最近の駄菓子やさんというとイオンなのでテナントとしてやってるお店がありますが、そこか福岡で言えばマンガ創庫とかにも駄菓子コーナーが設けてあるのでそこへいってのぞいてみてもいいかもです。

そして、それぞれの品ぞろえもまったくちがうので探してみるとまたあらたな発見がありおもしろいです。

レアなお菓子を見つけられるかも、です。

まとめ

といった感じでこれを読んでると小学生の頃を思い出しましたね。

昭和時代生まれの人が読めば、懐かしく楽しめる本ですし、

平成生まれの人が読んでも、

「今もあるお菓子がこんなむかしからあるのか」

とか

「むかしのパッケージはこんなだったのか!」

など新たな発見があると思いますので、世代関係なく楽しめる本だと思います。

ほぼオールカラーにてお菓子の写真が掲載されているのもグッドです。

この本を貴重な資料としても持っていてもいいです。

興味のある方は買ってみて見てみてくださいね。

この記事を書いた人
レトロ探訪者
ヒデ

レトロ探訪者ヒデと申します。福岡県出身で北部九州を中心にレトロスポットを探しては紹介してます。その他にもレトロゲームや古本、懐かしのお菓子など現代でも残りし貴重なモノも探しては紹介してます。

ヒデをフォローする
おすすめ本
ヒデをフォローする
ヒデレトロ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました